紅茶のおいしいいれ方 How to Make Tea

いつもの紅茶も、ちょっとしたポイントを押さえる事で、より豊かな香りと風味が楽しめます。ストレートはもちろん、アレンジレシピの味わいも格段にアップする、手軽でおいしいひと工夫をご紹介します。

  • ティー バック Tea Bag
  • リーフ ティー Leaf Tea
  • アイス ティー Ice Tea

紅茶のおいしいいれ方 ティー バッグ Tea Bag

ティー バッグでも、基本のルールを守って、香り高くおいしい紅茶を楽しみましょう。ポットを使えばより本格的な味わいに。

POINT

  • ティー バッグは1袋でカップ1杯が基本です。
  • 沸騰直後の熱湯を使いましょう。
  • しっかりと蒸らしましょう。
  • ティー バッグはスプーンで押したりせず、軽く振って、静かに取り出しましょう。

手順

  1. カップとポットを湯通しし、あらかじめ温めておきます。

  2. 沸騰したお湯を数杯分注ぎ、人数分のティー バッグをそっと入れます(ティー バッグ1袋でカップ1杯分)。
    すぐにフタをして蒸らします。蒸らす時間は製品箱やティー タグに記載されている抽出時間を参考にしてください。
    カップでいれる場合は、ソーサーを裏返してカップにかぶせて蒸らしましょう。

  3. そっと数回振って、ティー バッグを静かに取り出します。温めておいたカップに注げば、香り高い紅茶の出来上がりです。

紅茶のおいしいいれ方 リーフ ティー Leaf Tea

紅茶は、いれ方次第でグンと香りよく、美味しくなります。ちょっとしたコツを覚えて、紅茶の楽しみを広げてください。

POINT

  • ポットを使いましょう。
  • 茶葉はティー スプーンで正確に計りましょう。
  • 沸騰直後の熱湯を使いましょう。
  • しっかりと蒸らしましょう。

手順

  1. ポットとカップを湯通しし、あらかじめ温めておきます。

  2. ポットに人数分の茶葉を入れます。茶葉の量は、カップ
    1杯あたりティー スプーン1杯(2.5~3g)が目安です。
    茶葉の量は、オレンジ ペコなどの大きめの茶葉なら山盛り1杯、ブロークン タイプの細かい茶葉なら中盛り1杯を目安に。

  3. ポットに沸騰したお湯を杯数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らします。細かい茶葉は2分半~3分、大きい茶葉は3~4分が目安です。

    ※おいしい紅茶をいれるには、温度を下げないことがポイント。ポット内の温度を下げないよう、「ティー コジー(布製の保温カバー)」をかぶせることをオススメします。

  4. ポットの中をスプーンで葉をおこすように軽く混ぜ、ポットからカップへ、茶こしを使って紅茶を注ぎ分けます。
    濃さが均一になるようにすべてのカップに平均的に注ぎ分けます。「ベストドロップ」と呼ばれる最後の一滴まで注ぎましょう。

紅茶のおいしいいれ方 アイス ティー Ice Tea

アイス ティーづくりのコツは、いれる時の濃さと冷やし方にあります。

POINT

  • お湯の量はホットの場合の半分に減らして、濃いめの紅茶をいれましょう。
  • 蒸らし時間は、やや短めにしましょう。
  • 甘みをつけたい場合は、グラスに注ぐ前のホット ティーの段階で、砂糖を加えましょう。
  • 氷たっぷりのグラスに注いで一気に冷やしましょう。

手順

  1. あらかじめ温めておいたポットに、人数分の茶葉、またはティー バッグ
    を入れ、沸騰したてのお湯をホットの場合の半分量注ぎます。
    すぐにフタをして、そのまま蒸らします。(2倍の濃さの紅茶をいれる)

  2. 甘みをつけたい場合には、ここでグラニュー糖を入れてよくかきまぜて溶かします。

  3. 砕いた氷をグラスにたっぷり入れておき、熱々のホット ティーを注いで一気に冷やせば出来上がりです。
    急激に冷やすことにより、味と香りを豊かに保ち、アイス ティー特有の濁り(クリーム ダウン)も出にくくなります。

片岡物産 ブランド ライン アップ

  • トワイニング
  • モンカフェ
  • バンホーテン
  • アストリア
  • ゴディバ
  • ラバッツァ
  • スティック クラブ
  • 辻利
  • エシレ
  • ドゥバイヨル
  • 英記茶荘
  • クラウスターラー
  • ジュゼッペコッコ
  • マゼ
  • ファブリ
  • デイルズフォード
  • プラス ナチュラル
  • スイーツ スティック
  • カフェミオ
  • セゾン デュ フリュイ